m-lab:東京藝術大学 大学院 美術研究科 壁画第一中村政人研究室
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
佐々木耕成宅レジデンス@群馬県桐生市

助手の藤林です。

卒業式で学生を送り出したと思ったら、もう新入生がやってきまして
さっそくカリキュラムが始まってます。

佐々木耕成宅レジデンス@群馬県桐生市です。
佐々木耕成さんは、3331 Arts Chiyoda開館記念で個展を飾った画家。
85歳の高齢ながら、その筆は衰えること無し。というより更に加速中。
http://www.3331.jp/schedule/000137.html

そんな佐々木耕成さん宅で、中村研2013年修士1年生が1週間レジデンス!!
その成果に乞うご期待です!!

写真は初日の夕ご飯準備中です。

そして中村研究室はFacebookページもありますので、こちらも是非!!
http://www.facebook.com/mlab.geidai
もうすぐグループショウ「ANTE TUMOR」展がはじまります。


久々にブログ更新です。助手の藤林です。4期修了生です。
修士1年のグループショウカリキュラム、今年は年度末ギリギリという助手泣かせの開催です。
中村先生から指導を受ける、修士1年生+研究生の面々。

ここまで丁寧な指導できる現場のプロはなかなかいない。
芸大の卒業式もまたいじゃいますが、お時間あるかたは是非3331へ。

展覧会名:ANTE TUMOR(アンテ・テューマー)
参加作家:稲田禎洋、岡田寿枝、小川真生樹、藤原佳恵
会期:2013年3月24日(日) - 4月5日(金)  会期中無休
時間:12:00 - 20:00
会場:3331 Arts Chiyoda/地下一階 104スタジオ 入場無料
   (千代田区外神田六丁目11-14)
主催:東京芸術大学美術研究科 壁画第一研究室
お問い合わせ:E-mail:antetumor(a)gmail.com
展覧会ホームページ : http://antetumor.tumblr.com/
オープニングパーティ : 2013年3月24日(日)18:00-20:00

ゲストトーク 保坂健二朗 : 2013年3月26日(火)18:00-19:00 ※予約優先。
※聴講無料。座席数約20 名。予約優先。ご予約は、件名を「保坂健二朗トーク予約」とし、
お名前・人数・ご職業・ご連絡を明記の上、antetumor(a)gmail.com までメールでお申し込み下さい。



神保町はてしない物語「セドリ師の健」公演の様子
こんにちは。はじめて投稿させて頂きます、M1のオカダです。

こちらのブログでも、ちょくちょくとご報告しておりました企画、
寸劇ユニットネギ書房による、神保町はてしない物語「セドリ師の健」の本公演が
全4回公演すべてほぼ満席で、大盛況にて無事終了することができました。
公演にお越しくださったみなさま、リレー小説にご参加くださったみなさま、取材にご協力くださったみなさま、
本当に本当にありがとうございました!



主演&脚本を担当して頂きました、神田時来組の根岸雅英さんは、
リレー小説のちぐはぐなストーリー展開から、ひとつのテーマ性のもとに物語をまとめてくださいました。
また、少女役での出演の友清ちさとさんは、芸大の博士2年に在籍中で普段はアート活動をされているのですが、
台本づくりにも積極的に意見を出してくださり、この物語の世界観を広げてくれました。
写真と照明を担当して頂きました、時々Gallery Soniaの上木實さんは、いつも笑顔でおもしろいお話で私たちをなごませてくれました。一方で写真と照明のこととなると、非常にプロフェッショナルでとても心強い存在でした。
スーパーバイザーの野宮さんは、独特な感性から生まれる豊かなアイデアとこだわりで、劇のディテールを考えてくださいました。そしてつねに細やかな気配りでみんなのことを見守ってくれていました。
リーダーの大江さんは、とってもタフガールで持ち前のコミュニケーション能力で、どんどん街の人を巻き込み、物語に合った素敵な楽曲を制作してくださいました。

そんな活動が神保町でも少し噂になり、東京新聞さんにも取材に来て頂きました。
その記事がこちらです。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20121109/CK2012110902000107.html

普段は、一人での制作をしている私ですが、
多くの人が関わる作品でしか味わうことのできない感動があるのだと実感しました。


本公演にお越しになれなかった方々、まだ間に合います!
寸劇のノーカット映像を、11/14、11/15、11/16の三日間、会場にて上映することが決定しました。お見逃しの方は、旧東京電機大学11号館が会場のTRANS ARTS TOKYOに是非お越しください!

どうなる神保町寸劇2!!
m2大絵です。


今日は一人で取材に行ってきました。

豆香房さんという、芳しい香り漂う小さな珈琲屋さん(こちらは上木さんのご紹介)のご紹介で「ヘアサロン・クーレイオン」の飯村さんにお話を伺いました。

すずらん通りから4本南にあるオシャレな通り沿いにあり、さわやかな店内でありました。


「クーレイオン」とはギリシア語で「理髪店」。

飯村さんは山登りとマラソンがご趣味。あれ、うちの父親と全く一緒・・・ということで親近感。

リレー小説の続きを書くのをお願いしました。

いやー私はそういうのは無理、、とおっしゃっていましたが、また来ますと言って数時間経ってからもう一度伺うと、今までできている小説を読んでいて下さり、「構想を練ったので、明後日また来てほしい」とおっしゃいました笑
がっつり笑

理容雑誌や地域の記念誌へ多く投稿をされている飯村さん。できあがるお話が楽しみな次第です。


ちなみに待っている間は、東京堂書店さんのカフェで作戦を練っていました。


ということでノートを渡してしまった私。今日は挨拶しかできないなあ。

そこで、ふらーっと新たな出会いを求めて入った雑居ビルの4Fにあった「穂高書店」

(取材をしていると「恥」というゲシュタルトが崩壊していくのがわかりますw)

普通のオフィスみたいなところに入っていきます。
アジアの書籍を取り寄せて販売している書店でした。

穂高書店の方々は極めて快く向かい入れて下さり、電機大の事や寸劇の事など、本当に面白そうな企画ね!ぜひ参加したい、とおっしゃって下さいました。

日芸ご出身の方や、演劇をやっていた方など、やはり世界を相手にしているだけあって、ユニークで元気な女性の方々が生き生きとお仕事をされてました。

オフィスに突然来たというのにお茶まで出していただき、なんともありがたかったです。

ノートをお渡ししに来る、という約束をしてお店を出ましたが、ここの方々が書かれる小説が本当に楽しみでした^^


ビルを出た瞬間、なんと偶然! 古瀬戸の店主加藤さんにばったり。実は17:00からお会いする約束をしていた方です。

20:00までカフェテラス古瀬戸にてとっても美味しいミネストローネを頂きながらマスターの話をお聞きしました。
(本当はノートを渡す予定だったのですが、クーレイオンの店主さんが明後日まで書いて下さる事になったため、今日はお話のみとなりました)

なぜ神保町が今以上の発展を見せないか、なぜラーメン屋ができては潰れていくのか、建築や経営に詳しいマスターはいろいろなことをわかりやすく教えて下さいました。
発展に関しては御茶ノ水駅の地盤の弱さが関係していたのです。
ラーメン屋に関しては学生の街であること、もう一つ、店内の構造に起因していたり・・・
経済のこと町づくりのことなど、学びが多い楽しい3時間でした。

20:00、チャボが空いたので約束していた高野さんにお会いする・・・ついでにお茶をしに。
からーいジンジャーエールにむせながら(いえ、これを含め美味しいんですが)、根岸さん、高野さんと途中から中村さん(先生ではない)としばし歓談。

以前から話に出ていた日比谷バーのマスターにもお話を書いてもらいたいと思い、これから日比谷バーに行こうかなと申すと、なんと中村さんが電話して下さって、すると2分後くらいに店長の大谷さんが直々チャボに飛んで来て下さいました笑  そしてビールを一杯・・

ってか店長!こんなことしてていいんですか!

店長直々のお迎えで日比谷バーに向かいます。



青いミルキーなカクテル(もちろんノンアルで!)を注文するとこんなすっってきなカクテルが!!!
*大絵は青や緑の飲食物に目がないのです!*

日比谷バーはとってもオシャレなプレイス!


若手店長の大谷さん。チャボに入って来た時はてっきりホストの方だと思った。

大谷さんももう一人の演劇をされているという店員さんもお話を書くととても面白いらしく、小説をお願いしたら快く引き受けて下さいました。


もう一件、中村さん(先生ではなく)にRuSSeTという白山通り沿いにあるバーを教えていただきました。
こちらは10席ほどの小振りでムーディなカウンターバー。
そちらの若手で話になんともトンチの効いているお二人(店長安本さんともう一人の店員の方)も小説を書いて下さることになりました!!!

みなさん!本当にご協力いただきありがとうございます!!
またお伺いいたします!
神保町寸劇ミーティング
m2大絵です。

9/25(火)15:00〜時来組(ときぐみ)事務所でのミーティング。

情緒ある事務所でみなさんが書いて下さっているお話をどうまとめていくかを話し合いました。
根岸さんのアイディア、構想力にはとても学ぶことが多かったです。
例えば、電機大にある物を上手く使うとか、下手に買ってきたものでちょこっと準備しましたっていうのだと、安っぽくなりがち、とか。。

また、自分の計画性のなさに反省する部分も。

いろんな人と一緒に一つの寸劇を作ることでとても成長できています!

9/27(木)16:00〜 電機大下見の予定です