m-lab:東京藝術大学 大学院 美術研究科 壁画第一中村政人研究室
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ビエンナーレツアーin釜山 | main | コールマン・テントワークショップ 02 >>
dna2006 in 韓国安養市
dna 二日目は朝8時から日本の学生を対象にした韓国語の授業。
講師はケイウォン大学の日本語の先生で、韓国語を教えるのは初めてとの事。

授業の内容は簡単な日常会話と、韓国の若い人が使うスラングでした。
カッコイイ。(モシッソヨ)
超かわいい。(チャン イェッポヨ)
むかつく。(バンマオップソ)
ダサイ。(チョンスロォ)
好きです。(チョアヘヨ)  などなど。

選択しているワークショップは各自バラバラなので、
僕はタイのanott kitnukulのワークショップ会場へ。
この日は、簡単なミーティング後、会場周辺の子供のリサーチ。

リサーチが終わると会場に帰ってきて、プレゼンを行いました。
当然英語で。
ミーティングなども基本的には英語で、このワークショップの場合だと
タイの学生、韓国の学生、フィリピンの学生、日本人の学生が英語で会話をしてます。

ワークショップが終わると韓国の学生の案内で近くの韓国料理屋さんで昼食。
たまたま行く途中で遭遇した、anott kitnukulと
サポートについているケイウォン芸術大学の先生と合流してみんなで昼食をする事に。

メニューはビビンパと、生きたままの水蛸を一緒に焼いたサムギョプサル。
韓国に来てからずっとボリュームのある食事が続いているのですが
今回も多分に漏れず大量のサイドメニューと大盛りのご飯。
胃薬が必須なのにもうなずけます。
写真の真ん中がanott kitnukul。

昼食後は中村先生のアニャンクリックのリサーチへ。


ビデオカメラをまわしながら韓国の学生とアニャン市をうろうろする事数時間。
写真のビデオを持ってる学生はケイウォン芸術大学のジンヒョン。

この日は偶然にも日本人メンバーの石井君の誕生日だったので
みんなでご飯をする事になっていたのですが、
集まったメンバーの半数近くは外国の学生で、
韓国、タイ、日本人が入り乱れる飲み会に。

写真の女の子はタイの学生2人組。
その後ろに見えているのは多分韓国の学生と日本人の学生。
途中でバースデーケーキやクラッカーが登場して
いろんな国の学生がハッピーバースデーを大合唱。
何とも楽しい会でした。
COMMENT









Trackback URL
http://blog.m-lab.org/trackback/257321
TRACKBACK