m-lab:東京藝術大学 大学院 美術研究科 壁画第一中村政人研究室
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< exhibition:修士1年三人によるグループショーの告知 | main | 東北研修旅行 >>
【集中講義】「L.A.ストーリー/東京物語:ある展覧会史」/”LA/Tokyo Story: An Exhibition History”
gabriel

「L.A.ストーリー/東京物語:ある展覧会史」
”LA/Tokyo Story: An Exhibition History”

講師:ガブリエル・リッター 氏/Gabriel Ritter

通訳:奥村雄樹 氏/Yuki Okumura

日時:2012年1月13日(金曜日)18:00ー19:30

場所 :東京藝術大学 上野校地 美術学部 中央棟第二講義室

対象:壁画第一研究室学生必修、油画全学年、及び全専攻学生

担当教員:中村政人

担当助手:藤林悠


ガブリエル・リッター
1980年生まれ。アジアの近代・現代美術を専門とするインディペンデント・キュレーター/美術史家。UCLAにて修士(美術史)を取得、現在は同校の博士課程(日本美術史)に在学中。企画を担当した展覧会に「Sculptureby Other Means」(ONE AND J. Gallery/ソウル/2012)、「In Focus: The Humorous - Recent Video Art from Israel, Japan and Mexico」(REDCAT/ロサンゼルス/2011)、「Tokyo Nonsense」(SCION InstallationL.A./ロサンゼルス/2008)「Out of the Ordinary: New Video fromJapan」(ロサンゼルス現代美術館/2007)などがある。会田誠や田中功起の作品集に寄稿するなど、執筆活動も展開。現在は東京に在住し、国際交流基金のフェローとして東京国立近代美術館で研究を進めている。

Gabriel Ritter (b. 1980) is an independent curator and art historian specializing in modern/contemporary Asian art. He received a master of art history from UCLA, where he is currently a Ph.D. candidate in Japanese art history. His curatorial projects include Sculpture by Other Means at ONE AND J. Gallery (2012), In Focus: The Humorous -Recent Video Art from Israel, Japan and Mexico (2011) at REDCAT, Tokyo Nonsense (2008) at SCION Installation L.A., and Out of the Ordinary: New Video from Japan (2007) at The Museum of Contemporary Art, Los Angeles. He has also contributed catalog essays to the monographs of artists Makoto Aida and Koki Tanaka. Gabriel currently lives in Tokyo, where he is a Japan Foundation Doctoral Fellow at The National Museum of Modern Art, Tokyo.



修士ニ年が企画担当した集中講義です。

ぜひお越し下さい。

okumura
COMMENT